ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > copy on write

copy on write

コピーオンライト

複製が開始された時点以後に,修正されたデータのみをコピーすることで,データのポイントインタイムコピーを維持する技術.元のデータは,元データそのものとして,またポイントインタイムコピーの修正されていない部分として,読込み要求にこたえる.短縮形はCOW.参照:pointer remapping

使用分野: Storage System/Backup

A technique for maintaining a point in time copy of a collection of data by copying only data which is modified after the instant of replicate initiation. The original source data is used to satisfy read requests for both the source data itself and for the unmodified portion of the point in time copy. cf. pointer remapping. Acronym COW.

CONTEXT [Storage System] [Backup]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動