ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > pointer remapping

pointer remapping

ポインタリマッピング

すべての元データとコピーデータへのポインタが維持されるポイントインタイムコピーの管理技術.データが上書きされると,更新データ用に新しい場所が選択され,データへのポインタがリマップされる.コピーがリードオンリである場合,データへのポインタは決して修正されることはない.参照:copy on write

使用分野: Data Recovery

A technique for maintaining a point in time copy in which pointers to all of the source data and copy data are maintained. When data is overwritten, a new location is chosen for the updated data, and the pointer for that data is remapped to point to it. If the copy is read-only, pointers to its data are never modified. cf. copy on write

CONTEXT [Data Recovery]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動