ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > Lightweight Directory Access Protocol

Lightweight Directory Access Protocol

ライトウェイトディレクトリアクセスプロトコル(LDAP)

ディレクトリからオブジェクトおよびデータを作成,アクセス,および削除するためにIETFが規定しているプロトコル.これによって,ディレクトリオブジェクトの検索,比較,追加,削除,および修正のほかに,これらのオブジェクトの名前変更が可能になる.セッションに対する操作のバインド,アンバインド,および放棄(取消し)もサポートされる.LDAPの名前は,X.500規格におけるDAP(ディレクトリアクセスプロトコル)のより簡単な形態を定義するという,このプロトコルの目標から名づけられた.

使用分野: Network

An IETF protocol for creating, accessing and removing objects and data from a directory. It provides the ability to search, compare, add, delete and modify directory objects, as well as modifying the names of these objects. It also supports bind, unbind and abandon (cancel) operations for a session. LDAP got its name from its goal of being a simpler form of DAP (Directory Access Protocol), from the X.500 set of standards.

CONTEXT [Network]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動