ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > atomic operation

atomic operation

アトミックオペレーション

外部から見てすべてが起こるか全く起こらないオペレーション.例えば,ビジネストランザクションの概念を実装するデータベース管理システムは,個々のビジネストランザクションをデータベースのアトミックオペレーションとして扱う.このことは,トランザクションを構成するデータベース更新のすべてが実施されるか,もしくはいっさい実施されないかのどちらかであることを意味している.つまり,一部の更新が行われ,一部が行われないということはありえない.RAIDアレイはクライアントから見て単一ディスクのセマンティクスを適切に再生成するため,アトミックライトオペレーションを実装する必要がある.

使用分野: General

An operation that, from an external perspective, occurs either in its entirety or not at all. For example, database management systems that implement the concept of business transactions treat each business transaction as an atomic operation on the database. This means that either all of the database updates that comprise a transaction are performed or none of them are performed; it is never the case that some of them are performed and others not. RAID arrays must implement atomic write operations to properly reproduce single-disk semantics from the perspective of their clients.

CONTEXT [General]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動