ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > laser

laser

laser(レーザ)

シリアルデータ通信ネットワークにおいては、レーザは通常、近赤外線または赤外線スペクトルで光を発する半導体エレメントのことを示す。極めて速いデータ速度でバイナリ情報が光ファイバを伝送されるように、レーザ光が変調される。Laserと言う言葉は元々「light amplification by stimulated emission of radiation(励起誘導放射による光増幅)」の頭字語である。

使用分野: Network

In the context of serial data communication networks, lasers are solid-state element that emit light, usually in the near-infrared or infrared spectrum, modulated to carry binary information at very high data rates along an optical fiber. The term laser was originally an aronym for ”light amplification by stimulated emission of radiation”.

CONTEXT [Network]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動