ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > ingress Routing Function role

ingress Routing Function role

イングレスルーティング機能の役割

ルーティング機能内のプロセスの1つ。D_IDを変換し、組み込みN_Port_IDを変換し、必要に応じて交換コンテキストを格納し、必要に応じてIFR_HeaderとEnc_Headerを追加した後、次のホップルーティング機能またはイーグレスルーティング機能にフレームを転送する。

使用分野: Fibre Channel

A process within a Routing Function that translates the D_ID, translates embedded N_Port_IDs and stores the Exchange context if needed, adds the IFR_Header and Enc_Header if needed, and then forwards the frame to the next hop Routing Function or Egress Routing Function.

CONTEXT [Fibre Channel]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動