ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > infrastructure-based virtualization

infrastructure-based virtualization

インフラストラクチャベースの仮想化

ストレージファブリック内,その目的のために設計された個別のデバイス内,またはネットワークデバイス内に実装された仮想化.実例としては,複数の個別ファイルシステムアプライアンスまたはブロックストレージサブシステムを一つのそのような仮想サービスに集約する別個のデバイスまたは既存デバイス内の付加機能,ブロックまたはファイルシステムの透過的なミラーリング機能を提供する機能,あるいは新たなセキュリティサービスまたは管理サービスを提供する機能がある.

使用分野: Computer System

Virtualization implemented in the storage fabric, in separate devices designed for the purpose, or in network devices. Examples are separate devices or additional functions in existing devices that aggregate multiple individual file system appliances or block storage subsystems into one such virtual service, functions providing transparent block or file system mirroring functions, or functions that provide new security or management services.

CONTEXT [Computer System]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動