ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > assigned capacity

assigned capacity

割当済容量

エンドユーザまたはアプリケーションによる書込みのために割り当てられているシステムまたはデータコンテナ上の空間のシンプロビジョニングのシステムでは,割当済容量とは必要な時に、その空間の量が提供されると言う約束のことである.使用可能な容量はコンテナ書込み時に割り当てられる.(シンプロビジョニングではない)完全にプロビジョニングされたシステムでは,使用可能な容量をコンテナの割当と同時に確保する必要がある.参照:thin provisioning

使用分野: Storage System

The amount of space on a system or data container which has been allotted to be written by an end user or application. On thin provisioning systems, an assigned capacity number represents a promise that that amount of space will be provided on demand; usable capacity is allocated as the container is written. On fully provisioned systems, usable capacity must be committed at the same time the container is allocated. See thin provisioning.

CONTEXT [Storage System]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動