ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > hot banding

hot banding

ホットバンディング

高頻度でアクセスされるアドレス範囲を挿入して、合成することにより作られたストレージシステムへの作業負荷。ホットバンディングは測定対象のストレージシステムのキャッシュの効果が出ることを狙っている。

使用分野: Storage

Inserting ranges of addresses that are accessed with greater frequency into a synthetically generated workload. Hot banding is intended to reward caching behavior on the part of the storage system being measured.

CONTEXT [Storage]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動