ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > arbitrated loop

arbitrated loop

アービトレイテッドループ

1.各ポートが隣のポートに接続され,ループを形成するファイバチャネル相互接続トポロジー.各時点において,ファイバチャネルアービトレイテッドループ内の一つのポートのみがデータを送信できる.データを送信する前は,ファイバチャネルアービトレイテッドループのポートは,データを送信する権利を得るため,ループ内の他のすべてのポートとの裁定手続きに参加しなくてはならない.裁定のロジックは,ループの全ポートに分散している.

2.アービトレイテッドループの物理トポロジーで用いるファイバチャネルプロトコルのバージョン.

使用分野: Fibre Channel

1. A Fibre Channel interconnect topology in which each port is connected to the next, forming a loop. At any instant, only one port in a Fibre Channel Arbitrated Loop can transmit data.? Before transmitting data, a port in a Fibre Channel Arbitrated Loop must participate with all other ports in the loop in an arbitration to gain the right to transmit data. The arbitration logic is distributed among all of a loop’s ports.?

2. The version of the Fibre Channel protocol used with the arbitrated loop physical topology.

CONTEXT [Fibre Channel]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動