ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > Fibre Channel Arbitrated Loop

Fibre Channel Arbitrated Loop

ファイバチャネルアービトレーテッドループ

ファイバチャネル相互接続の一形態. 各ノードのL_Port トランスミッタがループ内の次のノードのL_Port レシーバに接続した状態で、最高126 のノードが1 ループトポロジに接続される. ファイバチャネルアービトレーテッドループに接続されたノード間ではループ上で随時発生しうるファイバーチャネルアービトレーテッドループプロトコルを用いたシングル伝送に対して調停が行われる. また、ファイバーチャネルアービトレーテッドループプロトコルはファイバチャネルスイッチプロトコルおよびポイントツーポイントプロトコルとは異なる. アービトレーテッドループは、プライベート(ファブリック接続なし)またはパブリック(FL_Portによってファブリックに接続)の場合がある. このネットワークは、FC-AL-2 規格INCITS 332- 1999 [R2004] によって定義される.

使用分野: Fibre Channel

A form of Fibre Channel interconnect in which up to 126 nodes are connected in a loop topology, with each node’s L_Port transmitter connecting to the L_Port receiver of the next node on the loop. Nodes connected to a Fibre Channel Arbitrated Loop arbitrate for the single transmission that can occur on the loop at any instant using a Fibre Channel Arbitrated Loop protocol that is different from Fibre Channel switched and point to point protocols. An arbitrated loop may be private (no fabric connection) or public (attached to a fabric by an FL_Port). The network is defined by the FC-AL-2 standard INCITS 332 – 1999 [R2004].

CONTEXT [Fibre Channel]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動