ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > erasure coding

erasure coding

消失訂正符号

データの回復力と長期のデータ完全性を提供する為に使われる前方誤り訂正技術。消失訂正符号はデータブロックとパリティ情報を、ひとつまたは幾つかの物理ロケーションに存在する複数のストレージデバイスやストレージシステムに分散する。回復力のレベルと消失訂正符号がどこに適用されるか(アレイか、ノードか、或いはシステムレベルか)が処理オーバヘッドに大きく影響する。

使用分野: Data Recovery

A forward error correction technology used to provide data resiliency and long-term data integrity, by spreading data blocks and parity information across multiple storage devices or systems that may be in multiple physical locations. Both the level of resiliency and where erasure coding is applied (at the array, at the node, or at the system level) can significantly affect how much processing overhead it consumes.

CONTEXT [Data Recovery]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動