ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > differentiated services

differentiated services

区別化サービス

伝送されているパケットやフレームのタイプに基づきネットワークトラフィックを管理するIETFにより定義されたプロトコル.短縮形はDiffServ.DiffServルールは,IPヘッダの6ビットフィールド(Differentiated Services Code Point)に基づきパケットがネットワークをどのように流れているかを定義する.Differentiated Services Code Pointは,パケットやメッセージの「ホップごとの振舞い」(帯域,キューイングや転送・脱落状態)を規定する.

使用分野: Management

A protocol defined by the IETF for managing network traffic based on the type of packet or message being transmitted. Abbreviated DiffServ. DiffServ rules define how a packet flows through a network based on a 6 bit field (the Differentiated Services Code Point) in the IP header. The Differentiated Services Code Point specifies the queuing and forward/drop status) for the packet or message.

CONTEXT [Management]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動