ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > Data Lifecycle Management

Data Lifecycle Management

データライフサイクル管理

データが作成されてから最終的に廃棄されるまで,データのビジネス価値を最も適切で費用効果の高いストレージインフラストラクチャと連携させるために使用するポリシー,プロセス,プラクティス(実践例),サービスおよびツール.短縮形はDLM.データは,性能,可用性,回復可能性,コストなどに関連する管理ポリシーおよびサービスレベルを通じてビジネス要件に沿ったものにされる.DLMはILMのサブセットである.

使用分野: Data Management

The policies, processes, practices, services and tools used to align the business value of data with the most appropriate and cost-effective storage infrastructure from the time data is created through its final disposition. Acronym DLM. Data is aligned with business requirements through management policies and service levels associated with performance, availability, recoverability, cost, etc. DLM is a subset of ILM.

CONTEXT [Data Management]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動