ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > count-key-data

count-key-data

カウント―キー―データ

ディスクは,一定数の(一つ一つが最大データ容量を持つ)トラックから構成されていると仮定するディスクデータ組織モデル.カウント―キー―データディスクの各トラフィックには,種々の長さを持つ複数のレコードを書き込むことができる.各トラックの利用可能な容量は書き込まれたレコード数に依存する.カウント―キー―データアーキテクチャは,レコードフォーマットからその名前を得ている.レコードフォーマットとは,いくつかのバイトデータとレコードアドレスを含むフィールド,特定のレコードを簡単に認識できるオプションのキーフィールド,およびデータそのものからなる.カウント―キー―データは,IBMのメインフレームコンピュータシステム,System 390シリーズで用いられているストレージアーキテクチャである.参照:fixed block architecture

使用分野: Storage Device

A disk data organization model in which the disk is assumed to consist of a fixed number of tracks, each having a maximum data capacity. Multiple records of varying length may be written on each track of a count-key-data disk, and the usable capacity of each track depends on the number of records written to it. Count-key-data (CKD) architecture derives its name from the record format, which consists of a field containing the number of bytes of data and a record address, an optional key field by which particular records can be easily recognized, and the data itself. Count-key-data is the storage architecture used by IBM Corporation’s System 390 series of mainframe computer systems. cf. fixed block architecture.

CONTEXT [Storage Device]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動