ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > checkpoint

checkpoint

チェックポイント

1.データ,メモリ内の変数,プログラムカウンタその他記憶状態からアプリケーション実行を再開するために必要な背景情報を含む,ある時点でのアプリケーションの記憶状態.

2.キャッシュされたメタデータ(ファイルシステム構造に関するデータ)を定期的にファイルシステムの永続的な記憶装置に書き込む(高性能ファイルシステムHPFSやアンドリューファイルシステムAFSなどの)ファイルシステムの活動.これにより予期しない停止が起きた場合でも,ファイルシステムは整合性を維持できる.

使用分野: Data Recovery/File System

1. The recorded state of an application at an instant of time, including data, in-memory variables, program counter, and all other context that would be required to resume application execution from the recorded state.

2. An activity of a file system (such as the High Performance File System, HPFS, or the Andrews File System, AFS) in which cached meta data (data about the structures of the file system) is periodically written to the file system’s permanent store. This allows the file system to maintain consistency if an unexpected stop occurs.

CONTEXT [Data Recovery] [File System]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動