ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > capacity optimization methods

capacity optimization methods

容量最適化手法

圧縮,データ重複排除,シンプロビジョニング,デルタスナップショットなど,データセットの格納に必要な空間の使用量を抑えるための手法.RAID 5および6も,ストレージデバイスの障害からデータを保護するという必要機能を実行するのに使用する空間が通常のミラーリングより小さいという理由から,容量最適化手法とみなされる場合がある.

使用分野: Storage System

Methods which reduce the consumption of space required to store a data set, such as compression, data deduplication, thin provisioning, and delta snapshots. RAID 5 and 6 may also be considered as capacity optimizing methods, as they use less space than ordinary mirroring to perform a necessary function: protecting data from storage device failure.

CONTEXT [Storage System]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動