ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > storage virtualization

storage virtualization

ストレージの仮想化

1.ストレージやデータの管理をアプリケーションおよびネットワークから独立させることを可能にする目的で,ストレージの(サブ)システムまたはサービスの内部機能を,アプリケーション,計算サービス,または一般ネットワークリソースから抽出,隠ぺい,または隔離する行為.

2.下位レベルのストレージリソースについて集約,複雑さの隠ぺい,または新たな機能追加を行う目的で,ストレージサービスまたはデバイスに仮想化を適用すること.ストレージは,例えばHSMのような階層化管理のように,システムの複数のレイヤで同時に仮想化が可能である.

使用分野: Storage System

1. The act of abstracting, hiding, or isolating the internal function of a storage (sub) system or service from applications, compute servers or general network resources for the purpose of enabling application and network independent management of storage or data.

2. The application of virtualization to storage services or devices for the purpose of aggregating, hiding complexity or adding new capabilities to lower level storage resources. Storage can be virtualized simultaneously in multiple layers of a system, for instance to create HSM like systems.

CONTEXT [Storage System]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動