ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > buffer to buffer flow control

buffer to buffer flow control

バッファツーバッファフロー制御

例えばNポートと対応するFポートのように、2つの直接接続ファイバチャネルポートの間で行われるフロー制御。送信者が伝送を停止して「Ready」の合図の受信を待機することを要求される前に、ポートがそのポートに送信できるフレーム数(バッファクレジット)を示す。バッファツーバッファフロー制御は、NLポートがアービトレーテッドループの別のNLポートにログインする場合とNx_PortがFXポートにログインする場合のみ使用される。

使用分野: Fibre Channel

Flow control that occurs between two directly connected Fibre Channel ports, e.g., an N_Port and its associated F_Port. A port indicates the number of frames that can be sent to it (its buffer credit) before the sender is required to stop transmitting and wait for the receipt of a “ready” indication. Buffer to buffer flow control is used only when an NL_Port is logged into another NL_Port on an Arbitrated Loop or when an Nx_Port is logged into an FX_Port.

CONTEXT [Fibre Channel]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動