ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > storage efficiency

storage efficiency

ストレージ効率

ストレージシステムの物理容量に対する実効容量の比率。実効容量の推測による効率の見積もりは可能である。一般にシステムが新しいとストレージ効率は低くなる。容量最適化システムでは、データがロードされるほど一般に効率は高くなる。データをロードする前に,ロードした後の容量最適化システムのストレージ効率を正確に予測する方法はない。

使用分野: Storage System

The ratio of a storage system’s effective capacity to its raw capacity. An estimated efficiency calculation is permissible using estimated effective capacity. The storage efficiency of a system is normally low when it is new. On a capacity optimizing system efficiency generally increases as the system is loaded with data. There is no way to precisely predict the storage efficiency of a loaded capacity optimizing system before data is loaded onto it.

CONTEXT [Storage System]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動