ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > storage area network

storage area network

ストレージエリアネットワーク

1.コンピュータシステムとストレージデバイスの間,およびストレージデバイスどうしのデータ転送を主な目的とするネットワーク.短縮形はSAN.SANは通信インフラストラクチャ(物理コネクションを提供)と管理レイヤから構成される.管理レイヤはコネクション,ストレージデバイス,およびコンピュータシステムを構成して,データ転送がセキュアでロバストになるようにする.SANという用語は,通常(必ずというわけではない)ファイルアクセスサービスではなくむしろブロックI/Oサービスについて用いられる.

2.ネットワーク上で通信するストレージエレメント,ストレージデバイス,コンピュータシステムやアプライアンス,さらにはすべての制御ソフトウェアから構成されるストレージシステム.注意:SNIAの定義では,SANという用語はファイバチャネル技術と同一ではない.SANという用語がファイバチャネル技術と関連して用いられる場合は,”ファイバチャネルSAN”などの修飾をつけた表現が推奨される.この定義によれば,「主にストレージデバイスへのアクセス提供とするイーサネットベースのネットワーク」もSANとみなされると考えられる.SANはクラスタ内のシステム相互接続についても用いられる場合がある.

使用分野: Network/Storage System

1. A network whose primary purpose is the transfer of data between computer systems and storage devices and among storage devices. Abbreviated SAN. A SAN consists of a communication infrastructure, which provides physical connections, and a management layer, which organizes the connections, storage devicess, and computer systems so that data transfer is secure and robust. The term SAN is usually (but not necessarily) identified with block I/O services rather than file access services.??

2. A storage system consisting of storage elements, storage devices, computer systems, and/or appliances, plus all control software, communicating over a network. NOTE: The SNIA definition specifically does not identify the term SAN with Fibre Channel technology. When the term SAN is used in connection with Fibre Channel technology, use of a qualified phrase such as “Fibre Channel SAN” is encouraged. According to this definition, an Ethernet-based network whose primary purpose is to provide access to storage devices would be considered a SAN. SANs are sometimes also used for system interconnection in clusters.

CONTEXT [Network] [Storage System]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動