ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > rotational latency

rotational latency

回転遅延

ディスクシークの終了から,I/O要求の指定する開始ブロックアドレスがディスクヘッドを通過する時間までの間隔.特定のI/O操作系列の厳密な回転遅延は,詳細なディスクドライブのシミュレーションおよび測定によってのみ求められる.平均的にI/O要求はディスクの回転時間の半分待つという,単純な回転遅延の仮定が実際にはうまく機能する.したがって,ディスクの回転時間の半分が,平均回転遅延と定義される.

使用分野: Storage Device

The interval between the end of a disk seek and the time at which the starting block address specified in the I/O request passes the disk head. Exact rotational latencies for specific sequences of I/O operations can only be obtained by detailed disk drive simulation or measurement. The simplifying assumption that on average, requests wait for half a disk revolution time of rotational latency works well in practice. Half of a disk revolution time is therefore defined to be the average rotational latency.

CONTEXT [Storage Device]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動