ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > Redundant Array of Independent Disks

Redundant Array of Independent Disks

RAID

物理ストレージ容量の一部を使用して,残りのストレージ容量に格納されたユーザデータの冗長情報を格納するディスクアレイ.冗長情報により,アレイのメンバディスクやアクセスパスで障害が発生した場合に,ユーザデータの再生が可能となる.ディスクストライピングはこの定義を満たすものではないが,多くの場合,RAID(RAID レベル0)と呼ばれる.参照:Berkeley RAID levels。

使用分野: Storage System

A disk array in which part of the physical storage capacity is used to store redundant information about user data stored on the remainder of the storage capacity. The redundant information enables regeneration of user data in the event that one of the array’s member disks or the access path to it fails. Although it does not conform to this definition, disk striping is often referred to as RAID (RAID Level 0). See Berkeley RAID levels.

CONTEXT [Storage System]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動