ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > Berkeley RAID Levels

Berkeley RAID Levels

バークレーRAIDレベル

Garth Gibson,Randy Katz およびDavid Patterson がカリフォルニア大学バークレー校でI/Oサブシステムに関する研究を行っていた際に書かれた論文で彼らが示したディスクアレイデータ保護とマッピング技術の分類.六つのバークレーRAID レベルが存在し,通常は,RAID レベル1 からRAID レベル6 までの名称で参照されている.参照:RAID 0,RAID 1,RAID 2,RAID 3,RAID 4,RAID 5,RAID 6。RAID10、RAID50等の多くの他のレベルが提案されている。

使用分野: Storage System

A classification of disk array data protection and mapping techniques developed by Garth Gibson, Randy Katz, and David Patterson in papers written while they were performing research into I/O subsystems at the University of California at Berkeley. There are six Berkeley RAID Levels, usually referred to by the names RAID Level 1, etc., through RAID Level 6. See RAID 0, RAID 1, RAID 2, RAID 3, RAID 4, RAID 5, RAID 6. Many other levels such as RAID 10, RAID 50 and so on have since been proposed.

CONTEXT [Storage System]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動