ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > RAID 6, RAID Level 6

RAID 6, RAID Level 6

RAID 6,RAIDレベル6

何れかの二つのディスクが同時に故障した状況下において,RAIDアレイの仮想ディスク全体への読込みおよび書込み要求の実行を継続することが可能なRAID形態の総称.二重チェックデータ計算(パリティおよびリードソロモン符号)を用いる手法を含む,直交二重パリティデータ及び対角線パリティなどの幾つかの手法がRAID6の実装に使用されている.

使用分野: Storage System

Any form of RAID that can continue to execute read and write requests to all of a RAID array’s virtual disks in the presence of any two concurrent disk failures. Several methods, including dual check data computations (parity and Reed Solomon), orthogonal dual parity check data and diagonal parity have been used to implement RAID Level 6.

CONTEXT [Storage System]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動