ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > policy goal (from RFC3198)

policy goal (from RFC3198)

ポリシーの目標(RFC3198より)

目標とは,ポリシーシステムによって維持しようとする目的または望ましい状態である.ポリシーの最も高次の概要として,こうした目標は,技術用語ではなくビジネス用語により最も直接的に記述される.例えば,特定のアプリケーションが共通のインフラストラクチャを使用するにもかかわらず,専用のネットワークで動作しているかのように目的には記述されるかもしれない.「ポリシーの目標」にはサービスレベルアグリーメントの目標,およびアプリケーションや人に対するリソースの割当てを含めることができる.ポリシーシステムは,目標(例えばサービスレベル)が達成されたかどうかのフィードバックを通じて,自動的に目標を達成していくように作成することができる.

使用分野: Management

Goals are the objectives or desired state intended to be maintained by a policy system. As the highest level of abstraction of policy, these goals are most directly described in business rather than technical terms. For example, a goal might state that a particular application operate on a network as though it had its own dedicated network, despite using a shared infrastructure. ‘Policy goals’ can include the objectives of a service level agreement, as well as the assignment of resources to applications or individuals. A policy system may be created that automatically strives to achieve a goal through feedback regarding whether the goal (such as a service level) is being met.

CONTEXT [Management]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動