ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > point in time copy

point in time copy

ポイントインタイムコピー

ある一時点に現れたデータのイメージを含むデータの固定集合の完全に利用可能なコピー.このコピーは,その一時点に論理的に出現したものとみなせるが,結果がその一時点に現れたデータの一貫性のあるコピーである限り,実装上はコピーの一部もしくはすべてが他の時点で実行される場合もある(データベースのログリプレイやロールバックなど).実装はポイントインタイムコピーはリードオンリであるように制限をかける場合もあれば,コピーへのさらなる書込みを認める場合もある.ポイントインタイムコピーの三つの重要なクラスは,分割ミラー,変更ブロックおよび同時性である.ポインタリマッピングとコピーオンライトは後者二つのクラスのために用いられる実装技術である.参照:snapshot

使用分野: Data Recovery

A fully usable copy of a defined collection of data that contains an image of the data as it appeared at a single point in time. The copy is considered to have logically occurred at that point in time, but implementations may perform part or all of the copy at other times (e.g., via database log replay or rollback) as long as the result is a consistent copy of the data as it appeared at that point in time. Implementations may restrict point in time copies to be read-only or may permit subsequent writes to the copy. Three important classes of point in time copies are split mirror, changed block, and concurrent. Pointer remapping and copy on write are implementation techniques often used for the latter two classes. cf. snapshot

CONTEXT [Data Recovery]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動