ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > partitioning

partitioning

パーティショニング

オペレーティングシステムに対してディスクやアレイ内の使用可能なストレージ容量を,いくつかの仮想ディスクの形で提示すること.このとき,ディスクの合計容量は,元の物理・仮想ディスク容量とほぼ同じになる.パーティショニングはMS―DOS,WindowsやUNIX環境では一般的である.パーティショニングは,巨大なディスクやアレイの全容量を一つのデバイスとしてサポートしていないホストに有用である.また,巨大な仮想ディスクから複数のパーティションを作るなど,管理目的にも有用である.

使用分野: Storage System

Presentation of the usable storage capacity of a disk or array to an operating environment in the form of several virtual disks whose aggregate capacity approximates that of the underlying physical or virtual disk. Partitioning is common in MS-DOS, Windows, and UNIX environments. Partitioning is useful with hosts which cannot support the full capacity of a large disk or array as one device. It can also be useful administratively, for example, to create hard subdivisions of a large virtual disk.

CONTEXT [Storage System]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動