ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > nonrepudiation

nonrepudiation

否認防止

あるサブジェクトが,あるアクションを実行したことを後になって否定できないことの保証.通信の場合,これにはデータの送信者に配信プルーフを提供すること,および受信者に送信者識別情報のプルーフを提供することが含まれ,したがって,送信者,受信者のどちらも後になって通信に関与したことを否定できない.ディジタル署名はタイムスタンプと組み合わせて,保存情報に対する否認防止の機構として通常使用される.

使用分野: Data Security

Assurance that a subject cannot later deny having performed some action. For communication, this may involve providing the sender of data with proof of delivery and the recipient with proof of the sender’s identity, so neither can later deny having participated in the communication. Digital signatures are often used as a non-repudiation mechanism for stored information in combination with timestamps.

CONTEXT [Data Security]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動