ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > N_Port

N_Port

Nポート

ノード(Node)ポートは,ポイントツーポイントリンクにより,単一のNポートまたは単一のFポートに接続する.Nポートは接続システム間でのメッセージユニットの作成,検出,フローを処理する.Nポートは仮想ポイントツーポイントリンクのエンドポイントである.例えば,エンドノードのNポートはスイッチのFポートに接続し,そのスイッチは単一のファイバチャネルファブリックスイッチを使用して,もう一方のエンドノードのNポートに接続する.Nポートは,ファブリックに直接接続されたPNポートのNx_Portを常に指すとみなされ,NLポートは含まない.

使用分野: Fibre Channel

A “Node” port that connects via a point-to-point link to either a single N_Port or a single F_Port. N_Ports handle creation, detection, and flow of message units to and from the connected systems. N_Ports are end ports in virtual point-to-point links through a fabric, for example the N_Port on an end node to F_Port on a switch to F_Port in that switch to the N_Port on the other end node using a single Fibre Channel fabric switch. An N_Port is assumed to always refer to an Nx_Port in a direct Fabric-attached PN_Port, and does not include NL_Ports

CONTEXT [Fibre Channel]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動