ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > Maximum Time to First Data (Max TTFD)

Maximum Time to First Data (Max TTFD)

ストレージシステムから任意のデータの読み込み要求に対し、受信開始までに必要な最大の時間。 Max TTFDは業界やSNIA Emerald? 電力効率測定仕様において、ストレージシステムのクラスを識別するために用いられる。

使用分野: Storage System

The maximum time required to start receiving data from a storage system to satisfy a read request for arbitrary data. Max TTFD is used in the industry and in the SNIA Emerald? Power Efficiency Measurement Specification to distinguish classes of storage systems.

CONTEXT [Storage System]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動