ホーム > ストレージネットワーキング用語集 > full volume transfer rate

full volume transfer rate

全ボリューム転送レート

一つのディスクが1回のI/O要求に対して,(例えば,1シリンダを超えるなどの)巨大データを転送する平均レート.全ボリューム転送レートは巨大データを転送している最中に起こりうる(セクタ間のギャップ,トラック間の切換え時間,隣接シリンダ間のシークなどの)遅延を計ることができる.全ボリューム転送レートは書込みと読込みとでは異なるおそれがある.その場合,全ボリューム読込みレートもしくは全ボリューム書込みレートと呼ぶのが適切である.スパイラルデータ転送レートともいわれる.

使用分野: Storage System

The average rate at which a single disk transfers a large amount of data (e.g., more than one cylinder) in response to one I/O request. The full-volume data transfer rate accounts for any delays (e.g., due to inter-sector gaps, inter-track switching time and seeks between adjacent cylinders) that may occur during the course of a large data transfer. Full volume transfer rate may differ depending on whether data is being read or written. If this is true, it is appropriate to speak of full-volume read rate or full-volume write rate. Also known as spiral data transfer rate.

CONTEXT [Storage System]

Copyright © 2019 SNIA Japan

このページのトップへ移動