新着情報(ヘッドライン)

SNIA 認定システムエンジニア(SCSE)

資格名: SNIA 認定システムエンジニア(SNIA Certified Storage Engineer 略称SCSE)
認定条件: CompTIA Storage+ Powered by SNIA試験(試験番号SGO-001)合格
またはSNIAストレージネットワーク共通テスト(英語版・試験番号S10-101Eもしくは日本語版・試験番号S10-101J)合格
    ※CompTIA Storage+ Powered by SNIA試験(試験番号SGO-001)はSNIAストレージ基礎試験(S10-110)に切り替わりました。(ComTIA試験資格は3年間有効です)

SNIAストレージネットワーキング運用管理テスト(試験番号S10-201)合格
試験概要:

  • ●SNIA Storage Networking Foundations(試験番号S10-110) (英語版)
    ・実施形態:CBT試験
    ・問題数 :65項目
    ・合格ライン:正解66%以上
    ・試験時間:90分
    ・受験言語:[英語]

  • ●SNIA Storage Networking Foundations(試験番号S10-110)(日本語版)
    ・実施形態:CBT試験
    ・問題数 :65項目
    ・合格ライン:正解66%以上
    ・試験時間:90分
    ・受験言語:[日本語]


  • ●SNIAストレージネットワーキング運用管理テスト(試験番号S10-201)合格
    ・問題数 :60項目
    ・合格  :65%以上正解
    ・試験時間:90分
    ・受験言語:[英語]

    • ※本試験は2016年2月10日より配信が開始されました。
      (配信開始日は、テストベンダーにより若干異なります。)
    • ※※詳細につきましては、、プロメトリック社もしくはSNIA本部(US)のSCSPプログラムをご確認下さい。
試験費用: 費用につきましてはプロメトリック社サイトを参照下さい。
また、本試験対策教育についてはTopOutHumanCapitalサイトを参照ください。

    ◆◆
    CompTIA Storage+ Powered by SNIA(SGO-001)試験は、
    米国SNIAとCompTIAの間で契約更新が行われなかったため、
    2016年1月15日をもって配信中止となりました。
    現在資格をお持ちの方、2015年12月31日までに受験され合格された方は、
    3年間の資格有効期間内は引き続きお使いいただけます。
    詳細は  http://www.snia.org/education/certification/refresh/FAQ を参照ください。(英文)
    ◆◆

サイト内検索
ストレージネットワーキンング用語集

2015年5月に改定版(第11版)を発行しました。有料にて承ります。ご希望の方は事務局までご連絡下さい。

SNIA日本支部入会案内

SNIA日本支部では本会の目的・事業に賛同する企業、団体等の組織の入会(有料)を随時募集しております。

詳細はこちら

ビジネスパートナー
  • トップアウトヒューマンキャピタル株式会社ロゴ
特別会員
  • 国立情報学研究所(National Institute of Informatics)
  • IDEMA JAPAN(日本HDD協会)
  • グリーン・グリッド(The Green Grid)
  • ジャパンデータストレージフォーラム(Japan Data Storage Forum)
  • 北陸先端科学技術大学院大学情報社会基盤研究センター
  • 大阪大学サイバーメディアセンターロゴ
  • 芝浦工業大学ロゴ
  • 筑波大学ロゴ
  • 高知ロゴ